スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急医療

どもです。
更新始めるとなんとか更新続けようと思えます(苦笑)
でも朝から本当は更新する予定が、朝書いてる途中で、PCがいうこときかなくなって、
再起動かけている間に、仕事頼まれ、その後出張で、結局なんとか今時間みつけて、
書いてます(~_~;)

さて、更新止まっていた間に「鼓膜破り」やっちゃいました。
で、この時に救急医療の実態を肌で感じてしまいました。
というのも、8月11日午前2時30分頃、さて寝ようかと思ったのですが、ちょっと耳が
かゆかったので、耳かきで耳かいてて、左耳を右手でかいているとき、目の前をなんか
虫が飛んだんですよねぇ………
左手で虫追っかけたら、その手が耳かき持っている手にまともに押すようにあたって
しまって、「ブチッ」という音が耳の中でしました。
「やってもたぁ!!!!!」が最初の感想。
でも特に痛いわけでもなく、血が噴き出るわけでもなく、とりあえず旦那に
「鼓膜破った」と報告し、大阪では、救急車を呼ぶ前に救急外来を案内してくれる番号が
あるので、そこにまず電話しましたが、深夜ということもあり、「耳鼻科はないので
外科のある所へまず電話してそこで聞いてくれ」と言われ、3件電話番号聞いたのですが
3件とも「ダメ」と言われました。旦那が「県外でもいいのでどっか他教えてくれ」と言ったの
ですが、それ以外は当てがないと言われました。
その頃には、耳から血が出ていて、どうしていいか途方にくれました。
で、旦那が個人の力ではどうしようもないと判断し、「救急車呼ぶ」と言って、救急車に
来てもらうことになりました。

しかし、常識人のつもりの私には救急車の音ならしながら、来てもらうのがものすごく気が
引けてとにかく外で救急車を待ちました。
救急車来て、事情説明しましたが、救急車もくる途中からあちこち連絡してくれていた
ようですが、どこも受け入れてもらえず、とにかく「大阪市内から出ますが大丈夫ですか?」
と言われたのですが、「それは大丈夫です」と答え、聞いてくれたとある某市の某医大付属
病院で、「耳鼻科の先生に聞いてみます」という回答が一か所あったのですが、結局
拒否されました。

で、とりあえず一件受けてくれる病院が見つかったとのことで、大東市に行くことになりました。
病院についてびっくりしたことには、その病院、病床を持つ救急病院ではなく、診療所
だったのです。で先生も寝てたところたたき起こされた感じで、とりあえず耳みて、
「うん、穴空いてるね。でもまあ自然治癒する確率が高そうやね。ただ、化膿するのが
一番怖いから化のう止めあげるね。耳に水はいったりしないように気をつけてね。休み
あけに必ず耳鼻科行ってね」
ということで、特に治療するでもなく、化のう止めだけもらって帰りました。

あまりのことにすっかり拍子抜けしましたが、それでもとても感謝しました。
だって、病気、けがは初期治療が一番大事だと思っていたので、とりあえず、
お医者さんの意見がきけただけでも安心できたのでした。

翌日仕事もあり、結局家には5時頃帰って、8時には家でて仕事に出かけたのですが、
まだ血が止まらなかったので、今度は耳鼻科で時間外治療している施設に行って、
再度診察していただき、次の月曜日からちょうどお盆休みの週だったので、個人病院
はすべてお盆休みに入っていた為、仕方なく大きな病院へ行きました。

今回私は命にかかわる状態ではなかったので、あまり焦る必要はなかったのですが、
これが命に係わる一時を争う状態だったらと思うとぞっとしました。
そして、時々救急車の拒否によりたらいまわしにされたという報道が聞かれますが、
その実態を垣間見た気がしました。

また大阪しもしょーもない案件での救急車の出動を減らすために救急の案内設けては
いるのですが、案内するだけで、終わっていて、他県はわからんという状態。
これでは本当になんのために設置されているのかなぁという疑問がちょっとよぎりました。

とまあ、こんな感じです。
現在鼓膜が自然治癒するかどうか見ているところで、今月末に再度医者に行き、
自然完治か、手術するかの判断してもらう予定です。
現在のところ聞こえてはいるのですが、少しだけ右よりも聞こえにくくなってはいる
ようです。

ナナのおとうちゃん大好きの様子です。
25091108
 
25091109 
25091110 
スポンサーサイト

コメント

No title

大変な夜でしたね、大事に至らなくて良かったですね^^
2年前になりますが子供がお腹が痛いというので、夕方に診療所で見てもらうと此処では見れないので大きな病院を紹介して頂き、そこでの診断は虫垂炎で本人は意識のない状態になり、手術になりましたがその病院では先生がいないとのことで母子センターで手術を受け入れてくれるとの事でそれから救急車で移動、夜中12時からの手術でしたが無事に手術も終わり今は元気です、あの時はいろんな人に支えられているんだなと考えさせられました。

No title

わ~~~、たいへんな災難でしたね(>_<)
鼓膜が破れるときって、音が聞こえたりするのですね。
想像しただけでブルブルって感じですが、痛くはないのでしょうか?
どうかお大事にしてくださいね。

それにしても、都会の救急医療事情は噂通りなのですね。
自分が現実に直面しみて、改めて知ることなのですね。。
簡単に解決できそうな問題ではないけれど、
地方も同じなんだろか・・・。

No title

こんにちはぁ、あんちゃんさん。
お子さんは、運がよかったかもしれませんね。
通常、病院間での連絡ができれば、すっと
見てもらえるのでしょうが、最初に救急探すと
なると、「現在救急搬送が入っているので
うけられません」とか、「医師が手一杯です」
等で断られるのは日常です。(これも過去に経験
ありです(苦笑))
本当に人の命がかかっているのですから、
なんとかもう少しならないのかと思います(/_;)

No title

こんにちはぁ、のんさん。
本当に鼓膜敗れる音が聞こえるとは………
と思いましが、実際「ブチ!!」でしたね(~_~;)

後日ゆっくりしてからいろいろと考えると、
耳かき程度では、とりあえず緊急性はかなり
低いようです。ただ、どこの病院いっても
「化膿するのが一番怖い」ということのようでした。
化膿すると、化膿がおさまるまで、手の施しようが
ないそうです。

現在自然治癒するかどうかの経過待ちで、
来週医者に行く予定です。
都会の医療事情なのかな?やっぱり。
医師法だったか何かが変わってから、
医師が多いのに、病院には少ないと何かで
聞いたような気がしますが(@_@;)

とにかくのんさんもお気を付けくださいませ<(_ _)>

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。